くにたち陶芸舎について

 「くにたち陶芸舎」は、東京都国立市にある陶芸作家「保立剛」(日本工芸会正会員)の工房です。
「日本伝統工芸展」などの公募展や個展での制作活動に加えて、プロの作家自らが直接指導する陶芸教室、高齢者や障がい者の福祉施設での陶芸アクティビティー、特別支援学校での陶芸指導を行っております。
日本最難関の公募展を、4回入選した作家だけに認定される「日本工芸会正会員」は、確かな技術のあかしです。
保立剛の陶芸工房は、1999年の開設以来、八王子市にて制作活動をしてきましたが、17年目になる本年、国立市に移設しました。

国立市について

東京都の西側に位置する国立市は、一橋大学を中心にした宅地開発が行われた東日本屈指の文教都市です。桜並木を中心に、市内にギャラリーが多く点在し芸術の街でもあります。